にんにくと肝臓の働きについて

商品選びをする前に、にんにくと肝臓の関係について学んで、自分自身の生活のヒントにしてみましょう。

にんにくと肝臓

≪にんにくと肝機能≫
にんにくにはさまざまな有効成分が含まれていますが、なかでも肝臓の機能を助ける成分が豊富です。

肝臓は、身体の元気をつくり出す大変重要な働きをしています。
食べ物を食べると、その物質が消化されて肝臓に蓄積します。肝臓はそれをエネルギー源に変換して体内の各細胞に送り、私たちは活動することができます。細胞に栄養が満ちることで、身体中が活性化するのです。

また、アルコールや薬などを分解する解毒の役割も持っています。

肝機能が低下すると、栄養代謝や解毒作用が弱まり、疲労感や倦怠感を生みます。
特に寝不足などの不規則な生活や食べすぎ・飲みすぎなどが続くと、体内のビタミンが減って、肝臓がうまく働けなくなってしまいます。その結果、溜まった疲れが取れにくかったり、だるさが感じられたりするのです。
これがひどくなると急性肝炎や慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんにつながるおそれもあります。

肝臓に脂肪が蓄積されてしまうのが脂肪肝と呼ばれる症状です。
糖分の食べ過ぎ、またアルコールの飲みすぎなどによって、肝臓の働きが鈍くなると、肝臓内の糖質がエネルギーに変換しきれずに蓄積されて、脂肪肝になるのです。
脂肪肝が肝硬変や肝臓がんにつながる原因にもなるので、甘く見てはいけません。

にんにくには、肝臓に蓄積された糖分をエネルギーに変換するビタミンB1や、アミノ酸の代謝を促進するビタミンB2などのビタミン群が豊富に含まれているので、肝臓の働きを手助けしてくれます。
また、アリシンが消化酵素の分泌を促し、さらに胆汁の分泌と排泄を促進します。食べたものの消化力を高めて、エネルギーに変換しやすくすることで肝臓の働きを強めるのです。

二日酔い予防にはにんにくを!

肝臓はアルコールを分解して解毒する働きを持っていますが、分解できる量には限界があります。たくさんのお酒を飲んだりすると、どうしても分解しきれないアルコール分が体内に残ってしまい、頭痛や吐き気などの二日酔いが起こります。

アルコールを分解できる唯一の器官である肝臓の働きを助けることが、二日酔い予防になります。

にんにくには、肝臓がアルコール分解のときに必要とするビタミン群が豊富に含まれます。お酒をいただく前ににんにくを食べると、肝機能が強化されて分解能力が上がり、二日酔い予防の特効薬となるのです。

お酒の直前はもちろん、常日頃からにんにくを摂取することで、肝機能の強化をはかることができます。

肝機能を高めるにんにくの成分

【ビタミンB群】
ビタミンB群は、肝臓に蓄積された糖質をエネルギーに変換する代謝作用があります。

不規則な生活や暴飲暴食を繰り返すと、肝機能が低下して疲労感やだるさを感じるようになりますが、これらはビタミンB群不足によるものです。

特に、過剰な飲酒の後、大量のアルコールは肝臓で脂肪に変えられますが、この代謝には非常に多くのビタミンB群を消費します。

にんにくにはビタミンB群が豊富に含まれるので、このようなエネルギー代謝を助け、肝機能を手助けしてくれます。

【アリシン】
アリシンは、にんにくの匂いのもととなる硫黄化合物です。

アリシンには、肝臓に蓄積した化学物質と結合し、体外に排出させる作用があります。
その排出機能は強力で、一度体内に取り込まれるとなかなか排出できない水銀なども体外に出してしまうのです。

また、肝臓での脂肪代謝を高める作用もあり、ダイエットにも効果があります。

【メチオニン】
メチオニンは、たんぱく質を合成する必須アミノ酸のひとつです。

肝臓に取り込まれた毒素や老廃物を除去し、体外への排出を促す働きがあります。
肝機能を助け、代謝を高める働きもあります。

血中コレステロールを下げる働きもあるので、生活習慣病の予防・改善にも効果的です。

>> 人気ランキングをすべて見る