アリシンという成分についての詳細情報

商品を購入する前に、アリシンの効能を学ぶことで、自分自身のライフスタイルに取り入れて今まで以上の健康生活を。

アリシンの効果と効用について

≪にんにくの有効成分「アリシン」≫
にんにくには特有のニオイがありますよね。
あの匂いのためににんにくが敬遠されがちなのも事実ですが、実はその匂いの元となる『アリシン』という物質にこそ、にんにくのパワーの源があるというのはご存知でしょうか?

アリシンはにんにくのほかにも玉ねぎや長ねぎ、ニラやらっきょうなどに含まれています。もともとは硫化アリル(硫黄化合物)の一種で、独特の刺激臭や辛味の元になっています。
アリシンは、もともと自生しているにんにくには存在しない物質です。無臭のアリインという成分が、切ったりすりおろしたりすることで細胞が壊れ、アリナーゼという酵素の働きによって分解されて、アリシンに変わります。

アリシンは空気に触れると壊れてしまうという性質を持っています。また水に溶け出しやすく、熱にも弱いため、強い匂いが保たれているフレッシュな生のにんにくを食べれば、もっとも良い状態のアリシンをまるごと摂取できるということになります。

≪アリシンの効能≫
アリシンがもたらす健康効果は近年の研究でも認められていて、医学的な用途にも使用されています。アリシンの効果・効能を挙げてみましょう。

・強力な抗菌・抗カビ作用
・精力増強
・ホルモン生産を助ける
・食欲増進作用
・消化液分泌促進/整腸作用
・血液をサラサラにし、循環を良くする
・造血作用
・神経組織に有効に作用
・ガンになりにくい体をつくる
・体内の細胞を活性化する

さまざまな効果の中でも、注目すべきは強力な抗菌・抗カビ作用で、アメリカではこの効果を感染症治療薬の開発に活かそうという動きがあるほどです。またアリシンには、血液凝固を遅らせて、血液をサラサラにする働きがあります。血液中の脂質を減らし、糖尿病、高血圧、動脈硬化を予防しますから、生活習慣病対策になるのです。

アリシンは、ビタミンB1と一緒に摂取すると、新陳代謝の活性化、慢性疲労や筋肉疲労の回復につながり、スタミナに満ちた疲れにくい身体づくりに役立ちます。
身体を温めて発汗をうながす作用もあるため、冷え性や風邪・発熱にも有効です。

≪アリシンからできる「アリチアミン」の効能≫
アリチアミンは、アリシンとビタミンB1が結合してできる物質で、ビタミンB1と同等の働きをします。にんにくにはもともとビタミンB1が含まれているため、にんにくを食べるだけでこのアリチアミンの健康効果を得ることができます。

もともとビタミンB1は糖質のエネルギー代謝を効率よくするために不可欠な栄養素ですが、一度に身体に吸収される量が限られています。
そのためこの栄養素は、体内に貯まりにくいという欠点があります。

しかし、アリチアミンはビタミンB1と同じ効果を持ちながら、より長いあいだ血中にとどまります。それによって、身体の代謝が活発に働くようになるのです。

またアリチアミンは、脳や神経の興奮を鎮める働きがあります。
感情的な高ぶりを抑えられるので、精神の安定はもちろん、ストレスからくる身体の病気の予防にもなります。
現代生活ではストレス自体をなくすことはなかなか難しいですが、ストレスに負けない強い体力と精神力を身につけることで、心身ともに健康な毎日を送ることができます。

>> 人気ランキングをすべて見る