にんにく卵黄の歴史についての説明

商品を購入する前に、にんにく卵黄の歴史を学ぶことで、自分自身のライフスタイルに取り入れて今まで以上の健康生活を。

にんにく卵黄の歴史を学ぼう!

≪自然が生んだ滋養強壮剤≫
にんにく卵黄の歴史は古く、江戸時代から南九州の一般家庭で親しまれてきた伝統ある滋養食品なのです。
江戸時代には、参勤交代に赴く薩摩藩士のために家族が手作りしていたと言われます。当時はもちろん移動手段は徒歩ですから、長距離の移動の際にはにんにく卵黄を粒状にした丸薬を印籠に入れて持ち歩いたそうです。
昔から、パワーの源、スタミナの源としての効果が認められていたんですね。

そもそもにんにくは、古来からその健康効果が認められており、世界規模で滋養強壮や疲労回復に用いられてきました。にんにくと人間との関わりは大変古く、紀元前3000年ごろからすでににんにくを摂取していたようです。

しかし、にんにくの「匂い」はいつの時代でも変わらず悩みの種でした。日本には紀元前に中国大陸から伝来しましたが、日本人が匂いに敏感だったことと、のちに広まった仏教のなかでにんにくを食べることが禁じられたこともあって、しだいに敬遠されるようになってしまいました。その強烈な匂いによって、時には差別の対象にまでなっていたそうです。

しかし、南九州の薩摩地方(現在の鹿児島県)では、にんにくを食べる習慣がずっと絶えることなく続いていました。
薩摩の食文化は全国的にみても珍しい独特の発展をしていて、国中で肉食が禁じられた時代にあってもこの地方だけは肉を食べ続けていたと言われていますし、現在では健康食品として大変有名な黒酢の発祥地でもあります。
昔から薩摩の人たちは、身体に良い食品を積極的に摂っていこうとする意欲が他の地域よりも強かったのかもしれませんね。

≪昔の知恵が生んだ「匂い」の奇跡≫
そんな薩摩地方でにんにく卵黄は生まれました。
強烈な匂いゆえに敬遠されがちだったにんにくを摂取しようと何とか試行錯誤を重ねるうち、卵黄と一緒に練り合わせて加熱することで匂いが抑えられるという結果に行き着いたのです。
にんにくも卵黄も共に栄養があり、滋養に良く、さらに匂いもしなくなるという、まさに一石二鳥の食品が生み出されたのです。

にんにくを食べたあとに牛乳を飲んで匂いを消すという方法を聞いたことがあると思います。これは科学的にも理にかなっていて、にんにくの匂い成分アリシンと牛乳のタンパク質が結びつくことによって匂いが抑えられます。
にんにく卵黄も、これと同じ原理がはたらいているのです。牛乳と同じように、卵黄のタンパク質がアリシンと結びついて匂い成分が抑えられるわけです。

にんにくの栄養価も卵黄の栄養価も活かしつつ、匂いという欠点をカバーする食品を生み出すなんて、昔の人の知恵には頭が上がりません。

近年になり、この伝統食品の健康増進効果が多くの研究から科学的にも証明され、健康食品としてその名が広く知られるようになりました。

これを毎日いつでも手軽に摂取できるようにしたのがサプリメントの「にんにく卵黄」です。

古くから郷土料理として一般家庭で手作りされていましたが、長時間弱火でじっくりと加熱するなどその工程には大変手間ひまがかかります。これがサプリメントとして製造されるようになったおかげで、誰でも手軽ににんにく卵黄の健康効果を得ることができるようになったのです。

>> 人気ランキングをすべて見る