色々あるにんにく卵黄のタイプと種類

商品を購入する前に、にんにく卵黄の効能や様々なタイプを学ぶことで、自分自身のライフスタイルに取り入れて今まで以上の健康生活を。

にんにくの種類

≪にんにくの種類≫
スーパーなどでのお買い物の際に、にんにくの種類は気にされますか?にんにくにはさまざまな種類があり、それぞれに品質も異なります。

品種の違いはもちろん、育て方にも違いがあり、それによって値段も大きく変わります。国産のものか、外国産のものか。有機栽培で作られたものか、農薬を使用したものか。値は張りますが、国産の有機栽培のにんにくは身がしっかりしていて、栄養価も高いのです。

≪国産にんにく≫
日本国内で作られているにんにくは、値段は高めですが、大きくて香りもよく旨味があるため、大変人気があります。
身がしっかりとしていて密度が高く、味も栄養価も外国産より優れています。

ここでは国産にんにくの種類をご紹介します。

【ホワイト六片・福地ホワイト(早生)】
青森県などの寒い地方で栽培される品種のなかでも、もっとも代表的なものです。日本で一番多く栽培されている品種でもあります。
球も鱗茎も外皮は白色で、鱗片(りんぺん)の数も一房につき5〜6片と少ないのが特徴です。球も大きく、ひとつ50gほどでずっしりとしています。
香り・味ともに優れています。

【壱州早生・遠州極早生・上海早生】
これらのニンニクは、九州や沖縄などの暖かい地域で作られる品種です。
球の重さは50gほどと大きく、球も鱗茎(りんけい)も外皮は白色に近い淡褐色をしています。

中国産にんにくの種類

外国産にんにくは値段が安く、よくスーパーの店頭でもいくつかまとめてネットなどに入れて売られています。これらは主に中国から輸入されています。
中国はにんにくの産地として有名ですが、なんと世界のにんにく生産量の80%を中国産が占めています。
中国国内でも特に山東省は最大の「にんにく」の産地として知られています。

国産のものに比べて1片が小さく、房の真ん中あたりにとても小さな細長い粒が集まっているのが特徴です。
国産にんにくよりも、一粒に詰まった身の密度が低く、香りや旨味も少ないと言えます。そのかわり、えぐみや青臭さが目立ちます。

ほかに、「プチにんにく」とも呼ばれる一片種もあります。
中国雲南省で生産されています。
普通のニンニクは粒が何個かに分かれているのですが、この種類の特徴はその名のとおり、粒が一つしかありません。
皮がむきやすくとても簡単に調理ができるということで人気を呼んでいる品種です。

>> 人気ランキングをすべて見る