にんにく卵黄に副作用があったら困りますよね

商品を購入する前に、にんにく卵黄に副作用があるのかどうかを学び、その知識を自分自身のライフスタイルに取り入れて今まで以上の健康生活を。

にんにく卵黄の副作用

≪副作用なんてあるの?≫
よく効く薬ほど、副作用のほうも気にかかるものです。にんにく卵黄は、あくまで健康食品なので、医薬品のような副作用はありません。

しかし、どんな食べ物にも共通することですが、摂取には注意が必要なのも事実です。どんなに身体に良いものでも、摂りすぎてしまうと逆に身体に悪い影響を及ぼすことがあります。

・胃腸の炎症?
にんにくが持つ殺菌作用があまりにも強力なために、飲み始めの時は胃に負担がかかってしまうことがあります。変調に気づかずに摂取し続けていると、胃炎や胃腸の潰瘍などにつながるおそれもあり注意が必要です。

もともと胃腸の弱い方は、飲み始めの時期には多少の変調が感じられるかもしれませんので注意して服用してください。

・貧血?
にんにく卵黄の効能には造血作用がありますが、たくさん摂取しすぎてしまうと、にんにくに含まれる揮発性イオウ化合物が、にんにくと卵黄が持つ造血作用を打ち消してしまう可能性があり、その結果として貧血や疲れを感じやすくなることがあります。

・妊娠/授乳中も大丈夫?
にんにく卵黄の多くの製品が『妊娠中や授乳中でも安心してお召し上がりいただけます』と記載しているように、基本的に自然の力を使った健康食品ですので問題はありません。むしろ、豊富なアミノ酸やビタミン類を母体の健康維持と赤ちゃんの発育に役立てていただけます。

ただし、妊娠中は身体がとてもデリケートになる時期ですので、にんにくによる胃腸の炎症や貧血などの変調があらわれやすくなる可能性があります。
また、授乳中のお母さんがにんにく卵黄を服用する際にも注意が必要な場合もあります。にんにく卵黄が持つ便秘解消効果によって、母乳を通して赤ちゃんがお腹を壊してしまう可能性があります。

効果が高い食品だからこそ、少しでも変調が感じられたら、念のためにお医者さんに相談してくださいね。

≪アレルギー体質の方は要注意≫
にんにくや卵黄にアレルギー反応を起こす方も服用には注意が必要です。

また、ソフトカプセルタイプで服用する場合には、カプセルにゼラチン質が使われているので、ゼラチンのアレルギーがある方も注意してください。粉末や錠剤タイプなど他のタイプも販売されていますのでご検討ください。

アレルギー体質の方は、まず成分表をよく確認し、自分にとってアレルゲンとなる成分が含まれていないかどうかチェックする必要があるでしょう。

記載を良く読み、もし、摂取して体に異常があった場合は、直ちに服用をやめ、お医者さんに相談しましょう。

>> 人気ランキングをすべて見る